XM Trading社|日本人の自動売買でもっとも使われる海外FX業者

XM Trading 自動売買

日本人トレーダーに一番人気の海外FX業者と言えばこの「XM Trading社」。

海外FX口座を調べるとまず最初に出てきて、軒並み高評価をうけているFX業者です。

資本は400億円以上(ちなみに、DMM.COM証券が100億円、GMOクリック証券が50億円)。

金融ライセンスも各国で認可されています。
「英国金融行動監視機構(FCA)」
「オーストラリア証券投資委員会(ASIC)」
「キプロス証券取引委員会(CySec)」

いずれも日本の金融庁と同等、もしくは金融庁以上の権威性がある機関です。

XM Trading社の主な特徴

  • 最大レバレッジ888倍(日本は25倍)
  • 日本語サポートあり
  • 最大5000ドルのボーナス
  • 提示レートの約定拒否なし
  • 追証なし(ゼロカット方式)
  • 個人口座のみ(法人口座の取扱なし)
私もFX自動売買で利用していますが、使い勝手抜群で文句のつけようもありません。
【レバレッジ】

入金した日本円を888倍で運用できます。
(日本の業者は最大25倍)

【日本語サポート】

基本的にサポートが早い。メールは1時間以内で返ってきますし、電話のたらい回しなど経験したことがありません。

【最大5000ドルのボーナス】

5000ドル(50万円以上)が運用資金に上乗せされます。得しかありません。

受け取り方も簡単で、入金すれば自動でボーナス反映。

・最初の5万円には100%の5万円ボーナス
・以後は入金分の20%がボーナスで加算

例えば10万円入金すると
+50,000ボーナス(最初の5万円分は100%)
+10,000ボーナス(残り5万円の20%)
合計160,000円分が運用資金になります。

【提示レートの約定拒否なし】

何より素敵なのが、日本のFX業者のような約定拒否がないこと。

XM社は顧客とインターバンクを直接つなぐ「顧客VS市場」のNDD方式(欧米式)。

顧客の勝ち負けが会社の利益と相対しないため、約定拒否が一切ありません。

NDD方式を採用している証券会社は〝トレーダーがたくさん取引したら〟スプレッド手数料で儲かります。

一方、「顧客VS業者」の相対取引となるのがDD方式(日本式)。

DD方式の会社は〝トレーダーが負けてくれたら〟儲かります。

顧客が損すれば業者が得、顧客が得すれば業者が損という図式(いわゆる「ノミ」です)。

ゆえに当然、急なレートスリップがあったらは業者に有利なレートで約定されます。

【追証なし(ゼロカット方式)】

FXは、預け入れ証拠金以上のマイナスになる可能性がありますが、XM社ではマイナス残高を「0」にリセットする制度を採用しています。

簡単に言うと、借金になる心配が無いってことです。

ちなみに、日本国内FX証券会社の場合は、証拠金以上の損失には追証(おいしょう)・追証請求(追加証拠金の請求)が発生します。

運用プラットフォームはMT4

対応通貨はドル円/ユーロドル
XM社では、Meta Trader 4(MT4)とMeta Trader 5(MT5)が用意されています。

MT4もMT5も超有名プラットフォームで、安定性と使い勝手は世界中からお墨付き。

FXの自動売買EAならMT4を使うことが多いでしょう。

使い方の情報も豊富で、分からないことはGoogle検索でほぼ解決できます。

「百聞は一見にしかず」

無料で利用できるデモ口座で、仮想残高$100,000を使って遊んでみるのも良いでしょう。

\FXのNO.1/

「XM Trading」公式サイト

日本人トレーダーに
一番人気の海外FX業者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です